カテゴリー別アーカイブ: 手汗止める方法

困った手汗を簡単に止める方法

SS052_L

手汗がひどくて日常生活に困っている方は意外と多くいます。

何もなければただ不愉快に感じるだけなのですが、人と握手しなければならない時だと恥ずかしく感じてしまい困ってしまう場合が多いでしょう。
そんな時に簡単に手汗を止めることができたら良いのにと考えている方は多く、とっさな時にどのようにすれば良いのでしょうか。

困った時の手汗を簡単にとっさに止める方法ですが、ツボを刺激してあげるのが良いでしょう。
手のひらに汗が流れるというのは興奮したり緊張したりした時に交換神経が刺激されて脳からの命令によって精神性の発汗が起きてしまいますから、ツボを刺激することによって交感神経への働きを抑えてあげるのです。

その肝心なツボですが2か所ありまして、まず1つ目ですが労宮という手の平の真ん中にあるツボです。

手の平の真ん中を軽く押してあげるだけで気持ちを落ち着かせることができ、交感神経の緊張を鎮めてくれます。
労宮を軽く5秒ほど押して、5秒離してまた5秒押すといった作業を5セットほど繰り返してみてください。

次のツボですが合谷といいまして、手の甲と親指と人差し指の間のくぼみのツボになります。
ここの箇所はストレスや不安などといった神経過敏のような症状に効果があると言われていまして、ゆっくり押して離すといった作業を繰り返してみてください。

ツボ押し以外にも簡単に手汗を止める方法はありまして、腹式呼吸で精神を落ち着かせてあげるのも効果的です。

突然の汗が流れる原因の多くは精神的な理由がほとんどですから気持ちを落ち着かせることが大事であり、そのために腹式呼吸を行います。

リラックスしようと思っても簡単にリラックスできるものではなく、副交感神経を優位にするためには腹式呼吸をゆっくりすることがオススメです。
交感神経から副交感神経の方に優位が変わると自然と精神的な発汗を抑えることができます。

最後に紹介する方法としてあるのが半側発汗になります。
身体の一部を圧迫するとそこの部分の汗は減り、反対側の汗が増えるといった方法になりまして、よく顔汗がひどい人や京都に多くいる舞妓さんは胸の高さにある帯を強くしめて顔に汗を出ないようにしています。
もちろんその分だけ下半身で汗を掻きますが、精神的な発汗だけではなく通常の汗も抑えることができ汗を隠したいという方だけが利用すれば良いでしょう。

このように簡単な方法がありますので、汗がとうしても気になってしまう人は事前にツボを押したり、腹式呼吸をしたりして気持ちを落ち着かせましょう。

参考:手汗対策サイト