サラサラネット のすべての投稿

手汗の改善の難しさを痛感、6年間手のひらの大量の汗に悩みながら過ごした学生生活

SS014_L
手汗の悩みで進路にも支障が…
私の娘は、中学~大学1年まで、酷い手汗で悩んでいました。
友だちに「手汗すごいね。」と言われたり、何かを渡したときに「何で濡れてる?」と言われることも気にしていたのですが、
一番困ったのは試験の時でした。
手のひらに汗をかきすぎて解答用紙が湿ってしまい、消しゴムを使うと紙が破れてしまうほど。
ハンドタオルを机に置いて、手を拭きながら試験に挑みたかったのですが、
「カンニングなどの点からハンドタオルを机の上に置くのはダメ。」と先生に言われてしまい、それならば机の上に置いてもダメではないもの、
という風に考え、筆箱を吸水性の高いタオルで手作りして使わせていました。
筆箱も机の上に出してはダメということもあり、以来、服の腕の部分に吸水性の高いタオルを自然なデザインであるように縫いつけて、
その部分で手を拭きながら試験に挑んでいました。
一番たいへんだったのは大学受験。
シャーペンに高吸水タオルをピタッと貼りつけた、手作りシャーペンを愛用していたのですが、
「これを使っていると汗をかいちゃダメとかえって気にしちゃう」ということで、普通のシャーペンに変えました。
手汗は精神的なストレスが原因になることもあるので、試験の時に手のひらから汗が大量に出るのは仕方がないことだったのかもしれません。

様々な手汗治療、そして改善
手汗の対処はこういった感じでしたが、同時に根本的に治したいということで調べたところ、手汗を改善するために、
多汗症内視鏡手術という手術があるようなのですが、娘が手術をとても嫌がったので、他の改善法ということで、
手汗ケア専用パウダーなどの塗って改善することも試したり、
不安や緊張をやわらげるツボの、労宮(ろうきゅう・手のひらの中心のところ)合谷(ごうこく・人差し指と親指の付け根の骨の間での手の甲側)
を押したりしたのですが、なかなか改善しませんでした。

大学入学後に、母がお世話になっている漢方薬局で相談したところ、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)と柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
を勧められ飲んだところ、3ケ月たったあたりから手汗の量が減ってきて、試験の時も気にならないようになりました。
漢方は半年飲んで、以降飲んでいません。
娘は、大学を卒業し、今社会人1年生です。あれ以来手汗に悩むことがなくなりました。
漢方が効いたのか、精神的な変化のためかはわかりませんが、娘がお世話になった漢方薬局の方は薬剤師の免許も持っていて、
漢方薬も副作用があることを説明してくれ、色々相談しながら服薬できたので良かったです。

手汗がないってサイコー!
大学1年の時の試験で、手に汗をかかずに済んで終えることができた日に、家に帰るなり娘が私に言った言葉が忘れられません。それは、
「手汗がないってサイコー♪これからは気にせず消しゴムが使える!シャーペンの持ち方に気を使わなくても滑って落とすことがなくなる!」でした。
手汗に悩んでから丸6年、たいへんな思いをしていたのだと、娘の晴ればれとした顔をみて思いました。
そして娘とがっちりと握手、その手はサラサラです。
私は嬉しくて涙がでました。

会社で他の人のパソコンを観ながら説明する時、手汗でマウスを握ることが怖いのです

SS026_L

【マウスを握ると必ず手から汗が出てしまいます】
私の会社はパソコンの仕事が100%なので常にマウスとキーボードを触っており、
いつからなのかハッキリとした時期は分からないのですが、マウスを握っている手から汗が垂れてくるようになりました。
私自身のマウスを使っていて汗がびっしりになった時はテッシュで拭けば済むのですが、
後輩などの仕事を教える為に後輩のマウスを使って説明したりする時などほんとに困ってました。
マウスがすぐにびっしょりになり、毎回テッシュを用意して説明が終わったらテッシュで拭いてから戻すようにしていたのですが
後輩などは気を遣ってくれたりして「そのままでいいですよ」とか言ってくれるのですが、尋常でない汗なのでそのままには出来ません。

 

【マウスを出来る限り握らないようにして、病院で処方された制汗剤を飲んでいます】
パソコンのキーボードだけであれば汗が出てくることがないので、可能な限りマウスを持たず、
キーボードだけで済むように操作などを変えて、マウスを触る時も、がっしりと掴むことを辞めました。
また、他人のパソコンを使って説明すると必ずマウスが必要になってしまうので、
自分の席に来てもらい、なるだけ私自身のパソコンで説明するようにしています。
しかしマウスを持ったり、スマホをずっと触っていたりするとやはりダラダラと汗がでてくるので
病院に行き症状を伝えると重度の手汗ではないみたいで、制汗剤を処方してくれてそれを一時飲むように言われました。
その後の経過は意識していることもあり、ビッシリと手汗をかくことはないです。

 

【手汗が治れば会社の好きな人のマウスを触れるのに】
会社の中に好きな人がいるのですが、手汗がでる前までは彼のパソコンやマウスを使い仕事の話などする機会も多かったですが、
他人のパソコンを触らないようにしてからは彼ともあまり触れ合うことが出来なく寂しい限りです。
やっと手汗も落ち着いてきているので、もう少ししたらマウスを触っても汗が出にくくはなっていると思うので、
彼の隣に行って触れ合うことが今後の楽しみです。

手汗を抑える効果が高い制汗剤の選び方

SS037_L

手にたくさんの汗をかくと、仕事や家事に集中できなくなり、作業に支障をきたします。手汗の問題は抑える手段を用いることで、解決できるようになります。

手汗を抑えるには、制汗剤を使いましょう。スプレータイプやローションタイプ、クリームタイプなどの市販品が存在します。

この内で避けたほうがよいのが、スプレータイプです。手軽に利用できる制汗剤ではありますが、持続効果が弱く、手の汗を抑えるには不十分であることが多くなっています。

ローションタイプやクリームタイプといった、手に直接塗りつけるタイプのほうが高い効果があります。べとつきが気になるなら、さらっとした使い心地の、パウダータイプを選ぶのがよいでしょう。

タイプを考慮することは使い心地のよい制汗剤を選ぶために大切なことですが、高い効果を求めるなら、使われている成分にも注目してください。

手汗を抑える効果が高い成分として、塩化アルミニウムがあります。多汗症の症状を抑えるために、病院で処方される制汗剤にも含まれるほど、強力な作用を持ちます。汗止めの効果は高いですが、その代わりにデリケートな部分に使用しにくいデメリットがあります。しかし、手の部分は皮膚が厚くなっていますので、塩化アルミニウムを使用しやすい部位だといえます。

適度な量に調整しつつ、使ってみましょう。使っている内に肌が荒れてしまった場合は、しばらく使用を中止して様子を見たり、量を減らすなどの工夫をして対処するようにします。

困った手汗を簡単に止める方法

SS052_L

手汗がひどくて日常生活に困っている方は意外と多くいます。

何もなければただ不愉快に感じるだけなのですが、人と握手しなければならない時だと恥ずかしく感じてしまい困ってしまう場合が多いでしょう。
そんな時に簡単に手汗を止めることができたら良いのにと考えている方は多く、とっさな時にどのようにすれば良いのでしょうか。

困った時の手汗を簡単にとっさに止める方法ですが、ツボを刺激してあげるのが良いでしょう。
手のひらに汗が流れるというのは興奮したり緊張したりした時に交換神経が刺激されて脳からの命令によって精神性の発汗が起きてしまいますから、ツボを刺激することによって交感神経への働きを抑えてあげるのです。

その肝心なツボですが2か所ありまして、まず1つ目ですが労宮という手の平の真ん中にあるツボです。

手の平の真ん中を軽く押してあげるだけで気持ちを落ち着かせることができ、交感神経の緊張を鎮めてくれます。
労宮を軽く5秒ほど押して、5秒離してまた5秒押すといった作業を5セットほど繰り返してみてください。

次のツボですが合谷といいまして、手の甲と親指と人差し指の間のくぼみのツボになります。
ここの箇所はストレスや不安などといった神経過敏のような症状に効果があると言われていまして、ゆっくり押して離すといった作業を繰り返してみてください。

ツボ押し以外にも簡単に手汗を止める方法はありまして、腹式呼吸で精神を落ち着かせてあげるのも効果的です。

突然の汗が流れる原因の多くは精神的な理由がほとんどですから気持ちを落ち着かせることが大事であり、そのために腹式呼吸を行います。

リラックスしようと思っても簡単にリラックスできるものではなく、副交感神経を優位にするためには腹式呼吸をゆっくりすることがオススメです。
交感神経から副交感神経の方に優位が変わると自然と精神的な発汗を抑えることができます。

最後に紹介する方法としてあるのが半側発汗になります。
身体の一部を圧迫するとそこの部分の汗は減り、反対側の汗が増えるといった方法になりまして、よく顔汗がひどい人や京都に多くいる舞妓さんは胸の高さにある帯を強くしめて顔に汗を出ないようにしています。
もちろんその分だけ下半身で汗を掻きますが、精神的な発汗だけではなく通常の汗も抑えることができ汗を隠したいという方だけが利用すれば良いでしょう。

このように簡単な方法がありますので、汗がとうしても気になってしまう人は事前にツボを押したり、腹式呼吸をしたりして気持ちを落ち着かせましょう。

参考:手汗対策サイト

手汗の増える病気と緊張

SS041_L手汗が異常に多い場合、病気が隠れている可能性もあるので注意しましょう。

手のひらだけに大量の汗をかく場合、局所性多汗症の可能性があります。この症状はある時から急に手汗の量が増えたのではなく、昔から多い傾向にあるということです。緊張したり驚いたりした時は手にかく汗が増えることもあります。これはどんな人にも起こることですし、気持ちが落ち着けば自然に汗は引いていくことが多いでしょう。しかし、多汗症の場合はリラックスしていても汗をかいてしまいますし、緊張するとさらに汗が酷くなってしまうという特徴があります。

多汗症の発汗量は人によって異なっており、手の平が湿る程度の人もいますし、水滴が滴り落ちるほど重い人もいます。原因についてはまだよく分かっていないのですが、交感神経の反応が強くなりすぎていることが原因なのではないかと言われています。

また、手だけではなく全身の汗が多い場合、糖尿病や自律神経失調症などの病期が原因となっていることもあります。その場合はある時から急に汗の量が増えるとされています。緊張や興奮をすると汗の量が増えるのですが、これは精神性発汗と呼ばれる汗であり、手のひらや足の裏などにかく汗が増えるということです。

自律神経には活動している時に優位になる交感神経と、リラックスしている時に優位になる副交感神経の2つがあり、それぞれが別の役割を担っているため、バランス良く働くことで体を調整しているのです。交感神経は緊張や興奮などによって刺激されてしまうため、手汗を気にするとさらに汗が増えてしまうこともあります。

手汗を抑えるためには交感神経の働きを抑制することが大切であり、汗をかいてもあまり気にしないようにすると良いでしょう。また、手汗をかきたくないと考えて水分の摂取を控えている人もいるかもしれません。しかし、水分の摂取を控えても意味はありませんし、汗には体温を下げるという役割があるため、水分を控えすぎると脱水症状を起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。